ホーム
院長あいさつ
施設
設備
診療方針
診療の概要
健康診断
予防接種
鼻からの胃カメラ検査
各疾患毎の診療内容
  ・メタボリック症候群
  ・高血圧症
  ・脂質異常症
  ・糖尿病
  ・気管支喘息
  ・COPD(肺気腫・慢性気管支炎)
  ・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  ・花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)
  ・ニコチン依存症(禁煙外来)
スタッフ紹介
リクルート
交通アクセス
  雲雀ヶ岡クリニック
 (ひばりがおかクリニック®)
  名古屋市瑞穂区
  彌富町字緑ケ岡4-14
  
TEL 052-836-2323
アクセスマップ
疾患毎の診療内容花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)
花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)とは
スギやヒノキなどの花粉(原因アレルゲン)に対するアレルギー(過敏反応)によりおこる鼻炎、結膜炎などのことをいいます。 季節性があり、季節によって症状が変動します。 (スギなら1〜4月頃、ヒノキなら4〜5月頃に症状が悪化します。)
くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、はなづまり(鼻閉)が3つの特徴です。
花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)の診察、検査
 問診
  季節による症状(鼻水、目のかゆみなど)の変化などをお伺いします。
 鼻水の検査、採血の検査
  鼻汁抗酸球検査、血清アレルゲン特異的IgE抗体定量をおこない、原因アレルゲンによるアレルギー反応の有無を調べます。
花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)の治療目標
日常生活に支障のない状態に改善させることを目標とします。
花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)の治療
 症状を緩和する治療
  症状が出ている場合は、症状の程度に合わせた治療を行います。
抗ヒスタミン薬などの内服治療、鼻噴霧用ステロイド薬、点眼薬などによる局所治療を行います。抗ヒスタミン薬は内服開始1日〜2週間ほどで効果を体感される方が多いようです。
花粉の飛散前からの治療も行っております。
眠気の少ないものも処方できますので、ご相談ください。
 根治的治療
  減感作療法を実施しています。→ご予約はこちらです。(皮下注射になります。保険適応はスギ、ハウスダストなどです)
スギ花粉症に対する舌下免疫治療法(シダトレン®・シダキュア®など)を実施しております。
アレルギーの原因となる抗原をお調べして、順次投与を行っております。
ページトップへ戻る▲
ひばりがおかクリニック ひばりがおかクリニック